『Ziggurat(ジグラット)』64話感想 全裸で徘徊を続けるトリニティちゃん

『Ziggurat(ジグラット)』(漫画:MISS BLACK) 64話 エロ場面特化感想&妄想です。『コミックヴァルキリーVol.102』掲載話。前回は『コミックヴァルキリーVol.99』掲載だったので、3ヶ月ぶりになりますね。😅

64話 それは、落書きめいた戦記の序章

そして、トリニティちゃんが載っているのは全部で2ページになります。

す、少ない……。しかし、ストーリー的に今回はサナキ達&アンシエント財団の合同チームによる反撃作成開始です。最悪の場合、まったく描かれないかもしれない懸念もあったので、それを考えると、2Pだけでも載っていたのは大変に喜ばしいことなのであります。笑

出典:コミックヴァルキリーVol.102 Web版 Ziggurat 64話 より

侵入者に対するサイレンが鳴り響き、自分たちが見つかったと警戒するトリニティちゃん茜さん全裸のまま牢屋に閉じ込められていた状態からの脱出なので、いまだに何も身につけていないままです。

トリニティちゃんの服を取り戻しに、最初に身ぐるみ剥がされた部屋へ向かっているのですが、はたしてそこに残っているのか?

どうせなら、しばらくのあいだ全裸でお願いしたい。

今回、出番が少ないふたりの貴重なショットは、お互いに身を寄せ合っての警戒モード。

トリニティちゃんのお尻が正面を向くという素晴らしアングルですね。

視線誘導目的のため、基本的にトリニティちゃんはパンツ丸見え。それゆえにパンツの布越しの“まんすじ”ほぼデフォルト状態で見られます。

出典:コミックヴァルキリーVol.102 Web版 Ziggurat 64話 より

今回はそれよりはるかに貴重となる“まんチラ”描写がありましたね。実際にはっきり描くとアウトなのでしょう。よって、あくまでそれっぽいという妄想の余地が入ってきます。

まあ、”チラ”というか、”マイクロチラ”レベルですがね。笑


そんな流れで(どんなだ?)、トリニティちゃんの”まんチラ”らしき描写特集。

出典:Ziggurat 2巻07話 より

7話にてブラックハートに捕まり、股間にツララを刺されそうになるトリニティちゃん。下からのアングルで描かれたツララの先は、トリニティちゃんのお豆にあてがわれています。

つまり、すぐ下の雫越しにチラっと見えるのは、トリニティちゃんのアレだろうかと

出典:Ziggurat 2巻07話 より

同じく7話にて。転倒したトリニティちゃんは、パンツを履いていない状態。それを真後ろから眺めることになったの大和サナキ。

大事な部分は、サナキの指でうまい具合に隠れている構図です。今回(64話)のトリニティちゃんのカカトが邪魔をしているパターンと似た構図でしょうかね。

まさに、これぞ”マイクロチラ”レベルですけど。笑

出典:Ziggurat 3巻13話 より

13話にて。みんな大好き、S型自在重機さんによるトリニティちゃんのおパンツ引っ張りシーン。

画面下がトリニティちゃんのお尻側。中央やや上あたりにチラ見えしてるのは、トリニティちゃんの大事な部分か?

出典:Ziggurat 5巻26話 より

26話では日常の姿である鼎ちゃんの露天風呂入浴から。

ここもサナキの役得エロハプシーン。アングルはお尻側からです。そして、チラっというより完全に見えちゃってますね。

しかも、隠しているタオルは半分だけ覆われている状態です。つまりサナキは正面から、しっかりと目に焼き付けたということか。

出典:Ziggurat 6巻34話 より

34話からは、現実ではなくトリニティちゃんの脳内ビジョンのコマ。

しかし卑猥さではダントツでエロいシーンでしょう。

暗くて見えにくいのですが白蛇に開かれているのは、トリニティちゃんのおま◯こ。映っているのは膣壁とクリらしき陰か?もし、ここにライトを当てた場合、完全にトリニティちゃんの子宮口まで見えちゃいそう。

出典:コミックヴァルキリーVol.102 Web版 Ziggurat 64話 より

続いて描かれていたのが、床の振動をさぐる真下からのアングルでした。ただし、さすがに股間部分は陰になっているようす。

この構図で明るい状態だと、はっきり見えちゃうので、そりゃ描けないのでしょうがね。

出典:コミックヴァルキリーVol.102 Web版 Ziggurat 64話 より

白蛇使いの茜さんですが、同じ一族であろう弥生さんと違ってヘタレな性格ですね。周りの騒ぎにビビって泣いちゃってます。

トリニティちゃんが励まし役になっているのでした。

トリニティ 茜 えろめも

全裸 乳晒し まん晒し

ぷち補足

今回は全部で2ページ5コマの登場。きちんと映っているのは4コマ。何ヶ月もご無沙汰状態になるのに比べれば、ありがたいものです。全裸で徘徊する二人は、内容的に前回とほぼ同じですが、無理やり記事化!!😅


DMMブックス:

コミックヴァルキリーWeb版 Vol.102