『EROSサバイバル』126話 ヒロイン明日香が性拳家元の千夏からエロ指南

『EROSサバイバル』(赤坂一夫・作) 9巻に収録の126話エロ場面特化感想。

126話

ケガサレ 明日香 ケガシ 千夏

今回は敵との対決ではなく、明日香ちゃんが黒栖流性拳を習うために三代目家元の黒栖千夏に教えを受ける回です。怒黒流も黒栖流の派生とのこと。

今日から一緒に楽しく修行しましょうね!!

千夏は高校1年生。EROSサバイバルゲームを見て明日香の大ファン。高1で家元ってすごいな。いつからこんなエロ技術を習得しはじめたんだろ?(笑)

最初にルリリン千夏の技を受けてダウン。今度は明日香が実戦で千夏と組み合うことに。千夏の攻撃を躱すほど、明日香も運動神経は抜群です。

しかしウォーミングアップだったようで、千夏が本気を出しはじめました。突然足を跳ね上げる千夏。蹴りと思わせて白パンが見えるほどおっぴろげ。そのまま明日香の胴を挟んで逆立ち状態に。

自分の体重をかけて明日香をひざまづかせて、黒栖流性拳「揚羽本手」を繰り出します。まあ見た目が普通に正常位です。 黒栖流性拳は四十八手の形の技で性穴をつくようです。(笑)

千夏ちゃんが明日香ちゃんの腰に脚を絡めているので的に「だいしゅきホールド」状態ですね。良いものです。

千夏「海の湿!」「海の潤!」

!(プス プス)

千夏「山の崩!」「山の峠!」

!(プス プス)

千夏「天の嘩!」

結果的に四つん這いにさせられた明日香の下に潜り込んだ状態で、明日香の尻、胸、顔の性穴をリズムよく突いていきます。

「さあいきますよっ、カウント――っダウン!」性技の仕込み完了を伝えてくる千夏ちゃん

・・・・・・ (キュゥン、キュゥン、キュゥン)

明日香ちゃんの体が熱くなってきます。

千夏「伍、四、参、弐、壱、ほら、イッちゃうぞ!」

くぅう…うぅ くぅっ だっ…ひぅぅっっ っくうううっ

性穴を打たれた明日香ちゃんが、耐えられずに体をビクビクさせちゃいます。そのまま激しく絶頂してしまいました。がくんと倒れ込んで、しばらく動けないほどですね。

黒栖流性拳のすごさを体感し、あらためて伝授を願い出る明日香でした。

明日香 えろめも

ビキニ 尻揉み 乳揉み 性穴攻め 絶頂♡

ぷち補足

10代の女の子二人が絡み合っているという、見方によってはレズ回の派生みたいなもんだろうか。今後のEROSサバイバル競技においてヒロインの性的攻撃強化です。

まあヒロインが強くなると、それに反比例してヒロピン率が下がっちゃうんだよなあ。その点を考えると、ちょっと残念な展開だ。(笑)

DMM 電子書籍:

EROSサバイバルシリーズ作品 – 男性コミック(漫画) – 無料で試し読み!DMM電子書籍

Amazon Kindle: