『EROSサバイバル』23話~ 公開オナニーで頑張る明日香ちゃん

『EROSサバイバル』23話、24話。ヒロイン明日香のエロ場面感想。四回戦に進んだ明日香&設楽ペアですが、次の対戦相手が前回優勝者という強敵。

23話~

日本とフランスのハーフであり大富豪の令嬢でもある小鳥遊(たかなし)シルヴィは20歳・大学生。そしてパートナーを務めるのは18歳で執事の渡蒼(わたりそう)です。

「EROSサバイバル」4回戦の内容は「EROS五番勝負」。5つのテーマを元にペアの男女がそれぞれ攻・防に分かれて互いの異性と戦うとのこと。

まあ、エロ場面を追うのは明日香オンリーで!(笑)

第一番「誘惑」明日香(攻撃) VS 渡(防御)

ケガサレ 明日香 ケガシ

第一の勝負が「誘惑」。女性が攻撃で男性が防御となり、どれだけ防御側の男性を興奮させることができるか数値で競います。男女ともに相手に触れると失格。男のほうはペニスセンサーを装着です。(笑)

最初に行われた設楽VSシルヴィの対決に続いて明日香VS渡の番がやってきました。

指定された個室にはベットが置いてあります。明日香はベッドに上がり、渡に近くで見るよう指示。そして大胆に股を拡げて渡のほうを向きます。

パンティ丸見えの明日香ちゃん。すでに恥ずかしいのかガクガクと体が震えており、抑えることができません。

何をしてもムダだと言う渡に、さらに股を大きく開く明日香ちゃん。中継もされているので明日香の股間のアップが晒されました。そのまま、右手を股間へと伸ばします。

ふにぃと布越しに指を当てて、オナニー開始!

くんっ くにっ とイヤらしい音とともに、息が荒くなる明日香ちゃん。オナニーの真似ではなく本気のようです。演技では勝てないと判断したのでしょう。

「ア」「ア」「んア」左手で右胸を揉みはじめました。ノーブラのため、ブラウスの上からでも充分に刺激が可能のようです。確実に乳首をいじっているのがわかります。

「あ」「ふあっ」「んん、ん」ベッドに倒れこんでオナニーを続ける明日香ちゃん。みんなが見てることを意識しまくりのようですね。羞恥心による興奮が追加されています。

そのままヒザを立てて後ろ向きになりました。明日香のお尻が渡の正面へと向けられます。左手は自分のま○こを「くきゅ」「 ぬにっ」とイヤらしくいじったまま。パンティーを履いていますが、くっきりとわかる明日香のおま○この形。

しかし、渡は全く反応せず、数値はいまだゼロ。最初から賢者モードか!

あせる明日香ちゃん。胸をさらけ出して両手で揉みしごきました。そして再度、股間に手を伸ばします。

今度は、パンティの中へと指を滑り込ませます。「ちくっ」と中指がクリちゃんにでも当たったか?「ひゃぅあぅ!」ビクンと大きく痙攣する明日香ちゃん。しかし愛撫する動きを止めることはしませんでした。

頬を染めながらも股間を指でこすり続けます。くちゅう、ちゃっと音がするほど激しさを増していきました。演技ではない本気オナニーを見せ付ける明日香ちゃん。

「くぅ」「んん・・・ア」「アぅう」つま先ががピンと立ち、腰が浮き上がります。ベッドがギシギシと音を立てるほど。

「はぅん」「ぅはぁ」「ぅはぁ」「ぁはぁ」「は」

エロい声を連発する明日香ちゃん。まゆがハの字になり目もうつろで、悩ましい表情。

明日香のような可憐なタイプが健気に羞恥を晒し続けることに対し、ついに反応してしまう渡。しかし、数値はたったの7でした。時間オーバーで第一の勝負は、小鳥遊・渡ペアの勝利。

明日香えろめも

M字開脚 おなにぃ♡ 手マン 乳晒し 乳揉み ビクン

ぷちえろまとめ

残念ながら負けてしまった明日香ちゃん。いままでしたことのない公開オナニーで勝負に出ましたが、渡には通じませんでした。

普段からオナニーそのものをしたことがなかったのでしょうね。おそらく初オナニーだった思われます。その初めてが衆人環視の前で大股開いてという羞恥プレイでしたね。

EROSサバイバルシリーズ作品 – 男性コミック(漫画) – 無料で試し読み!DMM電子書籍