『女主任・岸見栄子』 11話 酔っ払った見栄子さんをお持ち帰り・睡姦ピンチのヒロイン回・ぷち感想

『女主任・岸見栄子』(小武・作)の11話ぷち感想です。松平社長初登場回。

11話 見栄子クライシス

ケガサレ 見栄子 ケガシ 松平

今回登場の松平社長は見栄子上司の椎名課長とは顔見知り。ひとくせありそうなキャラです。いつものように商談に駆り出される見栄子ちゃん。社内の2階会議室に課長から呼ばれました。

椎名課長が商談をしていた相手は、一松社の社長松平。実はすでに朝の出勤時に出会っています。松平としては明らかに見栄子の下見でしたが。

松平の要求として見栄子と二人きりの夕食の場を希望。業務の延長として従う見栄子ちゃんです。

ホテルで馴染みのシェフによるディナーを提案する松平ですが、見栄子は屋台のラーメンを選択。

普通に屋台で席を並べてラーメンをすする二人。すすめられてビールを飲んでいるうちに酔いがまわってしまいました。

お酒に弱い見栄子ちゃんです。

酔って朦朧としている見栄子ちゃんをホテルに運び込むことに成功した松平。「なんで自分がこんなことを」と嘆いているので、なにやら別に思惑があるようす。

どちらにしろ、ホテルに連れ込まれてしまってる見栄子ちゃんですがね。

すっかり酔ってベッドに寝転び眠りこんでしまっている見栄子ちゃん。上着を脱がされ上半身はセーター。下はスカートがはずされて、パンスト越しにパンティがまる見えです。

むっちり感がいつものようにエロい。パンストの腰回りに、ややあまり気味にお肉がついているのがたまりませんね。

松平も普通にいたずらはしようと思っていたようですね。セーターをたくし上げて、ブラジャーをずらします。姿を現した見栄子のちっぱいを掴み、口を近づけて吸おうとしました。

椎名課長に対し頑張ると寝言を口にしたのを聞いて、気が萎えてしまった松平。

目を覚ました見栄子が起き上がって横をみると、松平が隣にいました。お互いにベッドの上で裸になって並んでいる状態。

松平から椎名への報告では、いきなりグーパンを顔に食らったみたいです。

まあ、今回は既成事実みたいなものを植え付けたかっただけで、実際にそういう行為には至っていなかったのでしょうがね。

見栄子えろめも

泥酔 お持ち帰り 乳吸い 睡姦未遂 全裸添寝 朝チュン

ぷちエロ妄想

とはいえ、漫画で描かれないシーンというのは、逆にいろいろと妄想しまくっても良いということ!なにしろ、真実は描かれていないのですからわからないのです。そんなわけで、この先は完全に妄想。

妄想し放題できるのが、描かれていない漫画のよいところなのですよ。一般漫画ではなく成人漫画ではっきりと描かれてしまうと、そんな楽しみは無くなります。(笑)

酔っている見栄子を真っ裸にしてベッドに寝かせておいたのは事実。松平はクソ真面目ハーレム少年漫画主人公でもあるまいし、目をつぶって脱がせたわけでもないしょう。きちんと見栄子のカラダを隅々まで観察していたに違いない。

おっぱいを吸おうとしていた松平が、眠りこんでいる見栄子を目の前に聖人君子なままでいられる確率のほうが低いですからね。

見まくり触りまくりの舐めまくりなわけですよ。そして与えられた据え膳は流れるままにお召し上がり。いかなるチャンスもみすみす逃すようでは、ギラギラした経営者を目指す者としては失格。

ヘタレの時点でデキる若手経営者キャラがブレます。油断してピンチな状況に陥ったヒロインには、しっかりと睡姦のプレゼントでもしてあげるのが悪だくみキャラの仕事ってものです。

逆に全裸の見栄子を前にして全くムラムラしなかったら、男性機能大丈夫かと疑われるレベルです。

眠り込んでしまってる見栄子ちゃんには、素直にずっこんばっこんなわけです。

まあ、翌日の見栄子ちゃんを見ると、日頃からハニートラップ営業をさせられているだけあって、気にしているようでもないですしね。さすがに朝は遅れ気味の出社ですが、笑ってぷりんちゃんと挨拶を交わす見栄子ちゃん。

仮に本当に松平とヤッていたとしても、気にしていない様子ですね。小武漫画キャラの場合、処女キャラにはきちんと処女宣言をさせている場合が多いと思います。その点から見ると見栄子ちゃんは、しっかりと非処女かと。非処女な秘書女……。

普段のハニトラ営業を見ているとねえ。(笑)

女主任・岸見栄子シリーズ作品 – 男性コミック(漫画) – DMM電子書籍