『女主任・岸見栄子』 5話-6話 透けシャツの見栄子さん・エロぷち感想

小武氏の『女主任・岸見栄子』感想。5話6話は暑い社内環境での見栄子ちゃん透けシャツ回です。

5話 濡れる小さな心と胸

前半部は3課。後半部は商談。

椅子に乗ってる見栄子ちゃん

ケガサレ 見栄子 ケガシ 本田

冒頭、オフィスの蛍光灯を取り替える見栄子ちゃん。椅子に載っているので下からパンティばっちり。それを盗撮する本田。

下から見栄子ちゃんのデカ尻を見上げる構図ですね。

ちっぱいだけど大きなお尻なので、パンティが小さめに見えるほど尻にくい込んでいます。むっちむちいです。

まあ、盗撮しているのはいつものことなのでバレバレ。慣れちゃっているのかお咎め無しなオフィスってのも羨ましい。

いつも撮っている理由を聞くと、ミエコドットコムなる特設サイトのためらしい。

見栄子のデカ尻やちっぱいを善意で世界に配信しているようです。目的は素晴らしいけどね。

後からやってきたぷりんちゃんが、蛍光灯は本田が換えたと思って労いの言葉を掛けます。ちゃっかり自分の手柄にする本田くん。照れたポーズをしながら、ヒジで見栄子のちっぱいをさりげなく「むに」っとタッチしちゃってますよ。

見栄子ちゃんのちっぱいとの距離を的確に把握している。なかなかのテクニックです。(笑)

見栄子えろメモ

モロパン 盗撮 胸タッチ

取引社長を接待

ケガサレ 見栄子 ケガシ 助ちゃん社長 竹六会長

場面は代わって接待の見栄子ちゃん。

今回の取引先社長の要望は来期新型クールビズ(仮)で自分を会議室まで案内して満足させること。

そのクールビズというのがノーブラノーパンで、見栄子ちゃんが実行します。

廊下を移動中に社内の人たちから、夏服に変えたんだねと挨拶される見栄子ちゃん。基本的にエロっ娘なんで、見られることに興奮しドキドキして乳首ピンッ勃ちです。

取引先社長がちょっと不満なので、椎名課長から大股歩きの業務命令。歩幅を拡げて歩く見栄子ちゃん。ミニスカなんで下側半尻が見えちゃってます。

所属する3課の案内。本田くんが接待にとお茶を持って来るが、わざとらしく見栄子の前でお盆をひっくり返してしまう。

濡れた見栄子ちゃん。ばっちり透け乳首を皆さんにお披露目。

会長室までやってきた一行。会長取引先社長はお友達だった。六ちゃん助ちゃんと呼ぶ仲。しかしビジネスはビジネス。椎名課長は次の作戦に。

万年筆を床に落とし、見栄子ちゃんに拾ってくれるように指示。

キャビネットの下の奥に転がり込んだ万年筆。見栄子がひざまづいて手を伸ばしたので、お尻を上げる姿勢になります。

万年筆に手が届いた瞬間、自分がミニスカノーパン状態だったことを思い出す見栄子ちゃん。

「や やだ…」とつぶやきながらも、見られていることに興奮して、きゅん♡とアソコが反応してしまいます。

もちろん濡れちゃっていることでしょう。

それを眺めて満足する取引先社長でした。竹六会長も「キレイなピンクです…」と2度めの見栄子ちゃんのま◯こ拝見に頬染めてます。

見栄子えろメモ

ノーパン ノーブラ ピン勃ち乳首 衆人環視 四つん這い マン見せ きゅん♡

6話 プレゼンはトロピカルに?

ケガサレ 見栄子 ケガシ 鶏間部長ほか

空調が故障中のなか、商談を手伝っている見栄子ちゃん。取引先の鶏間部長は暑すぎるのかダウン気味。

胸元開けて汗びっしょりのブラが透けているシャツ姿でプレゼンを進める見栄子ちゃん。資料をよける時に、胸元に引っかかりシャツも全開。

完全にブラが見えちゃっています。

意識朦朧とした鶏間部長が契約にサインしたのを見栄子の手柄と褒める椎名課長です。見栄子ちゃんとしてはきちんと自分のプレゼン内容で納得して取引成立させたいと不満げ。

別の取引先との商談。プレゼンを任せられた見栄子がPCを利用しての大画面での今回はプレゼンをすることに。

頑張る見栄子ちゃんですが、空調故障の社内は暑すぎて皆バテ気味。誰も見栄子のプレゼンをまともに聴く状況にありませんでした。

椎名課長が策を練って、後ろのプロジェクター大画面に見栄子のエロ画像を大写し。

大股拡げてパンティをのぞかせ、胸元を大胆に拡げブラどころか乳首まで見えちゃっている見栄子の画像です。

見栄子本人は後ろを見てないので気づかなかったのですが、皆の反応が急に良くなったので自分のプレゼンがうまく伝わったと大満足でした。

見栄子えろメモ

ブラちら 透けブラ 濡れシャツ 乳首 衆人環視

女主任・岸見栄子シリーズ作品 – 男性コミック(漫画) – DMM電子書籍