『trash.』2巻 第13回 感想・エロ考察 美能子リョナ回

ヤングチャンピオン烈で連載していた『trash.』 (原作・山本賢治、漫画・D.P)です。

山本賢治氏は根っからのハードリョナ―系作家だと言ってよいでしょう。 男女キャラ問わず、漫画では内臓ドバドバ撒き散らして、死んじゃいます。

今回、改めて1話から読み返して見たのだけれど、もうグロのオンパレードですわ。さすがにソフト路線が好きな私から見ると、ちょっときつい。(笑)

09話 ひとごろしの唄 その1

2巻は昔、関東岩志組で雇っていた殺し屋・村雨烈記の息子幽記とのバトル巻。

13話の前に9話をチェック!なぜなら、美能子ちゃん初パンチラ回だから。

ちなみに主役コンビのるしあとマインは、1話から制服姿のパンチラお披露目しています。

まあコミックス表紙カバーでパンチラどころかパンモロだったり、劇中で全裸描写も多々あるので、それほど貴重ではありませんけどね。作品的に。

9話16Pのシーン。組事務所にやってきた元組員津久田との対話場面です。途中、机に手をついて立ち上がったアングルでパンティー披露でした。

これまでは脚を組んでの太もも描写は多かったのですが、パンツは全然見せていなかったんですよねえ。

13話 ひとごろしの唄 その5-19ページ 

美能子ちゃんシャワーシーン

一人分の臓器が組の報酬として手に入ることを喜び、ウキウキしながらシャワーを浴びる美能子です。

上からのシャワーのお湯を全身で浴びる姿が拝めます。もちろん、おっぱいもバッチリ。乳首くっきり。小柄な体型だけど、しっかりDどころかEは有りそう。るしあがデカイので普段は比較すると小さく見えるだけなのだろうか。

14話 ひとごろしの唄 その6

ケガサレ 美能子 ケガシ 村雨幽記

事務所に村雨幽記が襲撃してきました。気配をいち早く感じていた美能子はバスローブを纏った姿で、玄関口まで出てきます。

手にはCOP-357。ショルダーバッグにも入る護身用だけれど、357マグナム弾を4発撃てる凶悪な銃とのことです。(単行本山本賢治氏補足ページより)

銃口を村雨に向けて、両手を頭に乗せよう命令します。唄を口ずさみながら余裕の表情を見せる村雨。

上着のフードに入れていたナイフを美能子に投げつけました。

「キャッ!!」っと声をあげる美能子。手にしていた銃を弾き飛ばされてしまいます。

はい、ここが注目ですね。

普段、JKながらヤクザ事務所の組長をしている美能子ちゃんです。舐められるわけにはいきません。人に接する態度も、横柄にして乱暴な言葉遣い。(金持ちのクライアントにはへこへこと態度を変えますが)

そんな美能子ちゃんが、油断して「キャッ!!」とか言っちゃいました。萌えポイントです。

近くで襲撃されて倒れている部下の出堀に、すぐ戻ると伝えた美能子ちゃん。すぐさま事務所内に駆け込み、ひとまず退散です。

村雨が奪った銃を一発放ちます。外れたことに対し、煽る美能子。村雨の父の悪口を言い動揺作戦です。事務所に飾ってあった長ドスを手に取り、振りかぶりました。

しかし、相手は殺し屋。即座に反応した村雨が、美能子のみぞおちに肘打ちを決めます。

「うぐっ!!」「あうっ」倒れ込む美能子。

「ゲエッ!!」「ゲホッゴヘッ」と咳き込んで苦痛の表情を浮かべました。

村雨が口ずさんでいる唄を聞いて村雨の母親の話を出し、再度動揺作戦。ロッカーのなかに入れてあるショットガンを取り出そうとドアに手を伸ばします。

しかし、ドアごと右手の甲をさきほど奪われた長ドスで貫かれました。

「うぐあああっ!!」と叫ぶ美能子の喉元をさらに村雨の両手が締め付けます。

「く……くふ……」ヨダレを垂らしながら苦悶する美能子。「硲にも…まだ私の気持ちを……」と涙を流しながら、死の恐怖を受けていました。

美能子たちが通っていた高校を退学後、美能子の予備臓器役として生かされている硲くん。

ふだんは美能子にこき使われているのですが、美能子ちゃんの本心は硲が好きだということがわかりましたね。乙女心な美能子ちゃんですねえ。

美能子ピンチというところで、るしあ&マインが事務所に駆けつけて危機を逃れました。

美能子リョナめも

みぞおち打ち 手甲刺し 首締め 痙攣 涙目

16話 ひとごろしの唄 その8

岩志組の新しい医療顧問になった五月女五月(そうとめさつき)登場回。そして、血液が万能薬になるひろしくん。

バトル漫画等には、よく治療担当スゴ腕キャラや不死身設定などが盛り込まれます。男塾的に王大人だったり、主役少女が不死身だったり。

trashでも存在しました。普段はふつうに病院を経営しているようです。スリルを求めて闇の仕事をしだしたとか。そしてひろしくん。シリーズを通してのキーキャラです。

美能子ちゃんもケジメつけるためにつめていた左小指が回復しました。

ぷちまとめ

このころは、あんな結末になるとは思っても見なかった……。

いや、完全にそうだとは言い切れないか。原作者自身の漫画は以前から読んでいたから、登場人物がたとえ主役クラスでも油断できないのは認識していたはずだ。

まあ、この漫画は、その時々のセツナを楽しむということで。

trash.シリーズ作品 – 男性コミック(漫画) – DMM電子書籍