『インゴシマ』176話感想 九ヶ所同時責めで絶頂させられまくる芽留ちゃん

『インゴシマ』(漫画:田中克樹) 176話(連載時) エロ場面特化感想&妄想記事です。

176話 カクアタワスハ、タソ②

ケガサレ 月見里やまなし芽留 ケガシ カゼマル

「結びの儀」が開始されます。
ツワモノがそれぞれのヨメゴ公開マグワイの儀式なのか?

最初はカゼマルヨメゴとなってしまった芽留ちゃんの番ですね。
1番から順番に行われるのでしょう。

p04:
「やだぁ…やだよぉ」「誰か助けてよぉ…っ」
メインヒロインが安全地帯にいるので、他のみんなが変わりにエロ担当をしなければなりませんね。
仕方がありません。

修学旅行遭難組のように、不特定多数に集団レイプされるよりはまだましな状況か。

めがverseの他のメンバーは、芽留ちゃんに今は耐えるよう勇気づけの言葉を掛けます。

無理して抵抗をすると命が危険だと悟ったのでしょう。
「いのちだいじに」さくせん です。

p06:
「あ」「あッ」「あ゛ッ」(ガク ビクンッ)
覚悟を決めて、杯に注がれたマジコリを呑み干す芽留ちゃん

媚薬の効き目はあいかわらず即効のようです。
飲んだ瞬間、カラダが激しく疼き出しました。

p07:
(ガ ガクッ ガク ガクン)(プシャアアアッ)
そして、一気に潮吹き絶頂だ!

「あッ…」「はぁッ」「あゃへ♡」(ビク)
寄り目になって涙や鼻水を流しながら、アヘアヘモードでイキまくる芽留ちゃんです。

p08:
「はぷッ」「んっ」「ぷ」
カゼマルが準備ができた芽留ちゃんにいきなりベロチュウ。

こちらの作戦は、「ガンガンいこうぜ」と見た。
ツワモノ勢のなかでも、ノリノリのひとりだからなあ。

p09:
カゼマルの高速愛撫が芽留ちゃんに炸裂します。
「ひぁんッ」「まッ」「はんッ♡」「あ゛ひッ」
「やぁあ♡」「やっゃぁ」「いやんッ」
「あぷ♡」「へあッ♡」「は らめ ああッ」

場内に響き渡る芽留ちゃんの喘ぎ声

速すぎてよくわからないけれど、芽留ちゃんのいろいろなところが
クリクリ、ヌプヌプ、ぢゅるぢゅる されちゃっているようす!

p10:
“九頭竜旋風 アマビラキ” なんて技名も付いているようです。

すっかり解説役に徹しているジウベエちゃんによると、
両乳首・股間・尿道・オシリ・口・両耳穴・ヘソの9つを同時責めによる愛撫らしいです。

アレックスは復活しているけれど、完全にジウベエちゃんの話し相手状態だな。笑

芽留 えろめも

全裸 乳晒し まん晒し 縄縛 涙目 / 媚薬(マジコリ) 疼き♡ 痙攣 絶頂 潮吹き♡ / 乳繰り べろちゅ♡ 指マン 乳首責め 連続絶頂 アヘ顔

ぷち補足

ケガシキャラ評
カゼマル: 芽留の全身を愛撫責め。絶頂させる。


DMMブックス:

インゴシマシリーズ作品 – 男性コミック(漫画) – 無料で試し読み!DMMブックス(旧電子書籍)