『インゴシマ』43話 葵ちゃんが友人の悲惨な姿を見て憤り

『インゴシマ』43話のエロ場面特化感想です。と言ってもこの回は、ヒロイン以上に加奈がエロ晒し者状態なのですがね。

43話 エギ・タイサイ・オキヨメ

ケガサレ 宮原葵 ケガシ ガモウ

エギ大祭という選民の儀式が行われる会場。

ヨギ大祭の場にて。その前座余興として加奈がひどい目に遭わされちゃっていました。

あ゛ッ きゃああッ うあッ

ああぁッ ヤァ ァクェッ ヤア

全裸で天井に吊らされている二人。縄で縛られており身動きがとれない状態です。

そしてその二人の股間が双頭ディルドで繋がってました。

マジモノというこの島独特の超媚薬液が塗りつけられたそれの影響で、喘ぎまくる加奈

股を中心に激しく回転させらています。勢いで股間にハマっていた双頭ディルドがすっぽ抜け。その間、刺激で絶頂しまくり。まん汁も撒き散らしです。

加奈&茜 えろめも

全裸 衆人環視 乳晒し まん晒し 縄拘束 異物挿入(双頭ディルド) アヘ顔 涙 よだれ まん汁 絶頂♡

床に落ちてきた双頭ディルドに気づいて、それを拾うヒナゴ。「マジモノ陰根」が正式名称らしいです。

いくらヒナゴが小柄とはいえ、このディルドはかなりの長さがありますね。40センチはありそう。

ほぼぴったりと加奈の股間はくっついていたようなので、それぞれのおま◯こに20センチ近く挿入されていたことになるのだろうか。

「新しきヨメゴに…(使うことを) ガモウ様ニ提案してみるカニ……?」とつぶやくヒナゴ。

新しきヨメゴというのは当然、葵ちゃんを指しているのでしょう。もしこの提案が採用されれば、桐花あたりでの双頭マジモノ陰根プレイが繰り広げられるということか!

まあ、無いだろうけど。(笑)

・・・・・・

島の支配者ガモウの新たなヨメゴに加えられてしまった葵ちゃん。同じヨメゴの桐花たちと一緒に儀式を見に島民達の場に姿を現すことに。

か… 加奈… 茜ちゃん…!?

目の前で加奈が全裸で吊らされてひどい目にあっているのを見て、が動揺を隠せません。

付き人ヒナゴにガモウの酌をするよう注意されて、慌てて酒瓶を手にする葵ちゃん

……っ

のようすを見て「…何を怯える」と尋ねてくるガモウに対して、静かに怒りの表情です。

私の友達に… ひどいことをしないで…っ!!

ガモウに勇気を出して抗議をする葵ちゃん。しかし、ガモウはニヤリと微笑んで強者と弱者の違いを述べるだけ。

黙り込む葵ちゃんの手を引いて、自分のほうへ引き寄せるガモウ。座ったまま抱きかかえる状態になりました。

そのまま葵ちゃんのおっぱいを鷲掴み。ガモウが直接、の体に触れたのは初めてですかね。

抵抗できないから… 好きなようにしていいっていうの!?

おっぱいを揉まれながらも、理不尽な状況への疑問をぶつける葵ちゃんです。

自分のヨメゴらしくあることだけを考えろと言ってくるガモウに対して、なおも反論。ガモウのヨメであることを拒否して放すように訴えます。

あぐ あ あぁ

しかしそんな願いも聞くわけがないガモウ。葵ちゃんの乳首を思いっきりつねります。たまらず悲鳴を上げる葵ちゃん

いつか自分を求める夜にを抱くと宣言するガモウです。

葵ちゃんの股に手を伸ばし、そのときに「求めるモノを与えよう」と付け足しました。

だ…誰が そんな… …ことっ!

負けずに強気な態度を崩さない葵ちゃん。ガモウの言葉を言い換えると、求めてきた時はの膣内にたっぷり自分の精液を注ぎ込んでやろうということですからねえ。

としては死んでも望みたくないことなのでしょう。

ガモウに促された桐花がコップに入った液体を口に含み葵ちゃんに寄ってきます。

「!?」不意のことに驚くのアゴに手を添えて顔を向けさせ、口移し。

こく こくっ ふっ ふぐ うっ

数秒間のレズキスが続きました。きれいに液体を注げることは難しいのか、二人の口からはかなりの量が漏れています。ぢゅるという音から、しっかりとベロチュウ状態ではあるのでしょう。

あ… あくっ ふぁ … あ

涙をためて戸惑う表情を見せる葵ちゃんしかし、飲まされた液体は媚薬ではなくただのお酒でした。桐花の余興です。

ケホケホッ

ケホケホッとむせる葵ちゃんが可愛い。普段、お酒なんて飲んだことのない真面目ちゃんなのでしょう。

エギ大祭の出場者にされてしまった教師の若林。吊らされている加奈に反応するとともに、上のほうから声をかけてきたにも気づきます。

「先生助けて!! 皆が… みんながッ!!」

若林に助けを求めるために叫ぶ葵ちゃん。

あッ

そんなの髪を後ろから引っ張るガモウ。

あ゛う はぐッ

「さぁ 力を示せ」若林に見せつけるようにガモウが葵ちゃんのおっぱいを鷲掴みしながら、力を示すように言ってきました。

エギ大祭が行われる合図がヒナゴから発せられるのでした。

ヒロインのおっぱいがガモウによって揉まれまくられる回でしたね。

大きくて弾力があるのに加えて柔らかいJKヒロインのおっぱいです。簡単に指が埋もれていくほど。

後ろから両手でたぷんたぷんと揺すられちゃってます。

生意気な態度を取ったとみなされたのか、両乳首を強くつねられてしまった葵ちゃん

まるで勃起してるかのように乳首が変形するほど。汗を乳汁に見立てたかのような疑似描写ですね。

大好きな彼よりも先に、生おっぱいを揉まれてしまった葵ちゃんです。揉むどころか乳首まで摘まれてしまってます。

今後、例え好きな男との機会があったとしても、葵ちゃんが初めて乳揉みされてしまった男はガモウなのです。

葵 えろめも

飲酒 乳晒し 乳揉み 涙目 乳首摘み 指マン べろちゅ♡

ぷち補足

貴重なヒロインエロ場面。乳首をつねられ痛がってます。ガモウはのおっぱい揉むのが好きだな。揉みごたえあるのでしょう。

のエロはたまにしか無い状況ですが、その代わりに他の女子たちが酷い目に遭っちゃうのがこの漫画の特徴ですね。

まあ、女子たちだけでなく、男の裸も描かれまくりなんですがね……。(笑)

DMM 電子書籍:

インゴシマシリーズ作品 – 男性コミック(漫画) – 無料で試し読み!DMM電子書籍

Amazon Kindle: