『インゴシマ』178話 秘技で腹ボテ状態にされるエマちゃん

『インゴシマ』(漫画:田中克樹) 178話(連載時) エロ場面特化感想&妄想記事です。

178話 カクアタワスハ、タソ④

いまさらだけど、「女神のご加護 UNIVERSE☆」で正式名称だったのか。
そしてインゴ独特の媚薬が「マジモノ」で、それでキメ状態になっているのが「マジコリ」なのか。まあ、細かいことは気にしなーい!

ヨメゴ二人めのマグワイお披露目は湊エマちゃんです。
お相手はムサシ
できれば邪魔が入らずに全員分、続いてほしいものだ。笑


ケガサレ 湊エマ ケガシ ムサシ

p03:
「むぐッ」「うぶッ」

無理やりマジモノを飲まされるエマちゃん
抵抗しているので、口元からボタタッとかなり漏れているようす。

「あ゛ひッ」「かっ」「はぁッ!」
ある程度は飲み込んでしまったので、ビクンビクツとカラダのほうは既に反応してしまってますね。

p06~:
他のツワモノの意見だと、エマちゃんは完全にマジコリ状態になっていないようです。
しかし、そんなことも承知の上で儀式を進めるムサシ

「あ゛ぁ゛」「うぁアッ」
「いやんッ」「やめえええッ」

ムサシエマちゃんを逆さに抱えて、舌で股間責めをしてきました。

観衆のインゴ民が「ケツスイスタイル」と歓声を上げていますね。
ネーミングから察するとエマちゃんの肛門責めなのか?

周りのテンションから、ムサシがよく見せているお得意の愛撫なのでしょう。笑

「ふおああツ!」
大きく喘ぐエマちゃんを高々と上に放り上げたムサシです。

p07:
「きゃッ」「あ゛ッ」「う゛ッ」

そして落ちてくるエマちゃんのお尻を再びキャッチ。
お股に食らいついて思いっきり息を吹き込んでいるようす。

さっきは肛門責めでしたが、今度はエマちゃんの陰毛すぐ近くに口を当てているので前穴のほうですね。
大きく頬を膨らませているムサシです。

p08:
「ヒッ」「ヒギッ」「ヒグウッ」

なんとエマちゃんのお腹が膨らんできました!

「え゛ッ」「こんな」「ひッ うそッ」
「ぎゃ‥」

ムサシエマちゃんのおま◯こに息を吹き込んでいるので、膨らんでいるのは腸ではなく子宮ということか?

普通ならありえないのでしょうが、全ての漫画エロ表現はファンタジーであるのでOK!!
そっちのほうが夢があるので良しとしましょう。
なによりも“秘技”だし。笑

p09:
「秘技」「
酒乱秘穴さかみだれひけつ 逆龍燐げきりゅうりん
「きゃあ――ッ!!」「やめてよぉぉぉおおおッっっ!!」

吹き込んだ空気圧を利用して、エマちゃんを上方に再度飛ばしたムサシ

3m以上は飛んでますね。
まさに、人間ペットボトルロケットと化したエマちゃんだ!笑

まあ、“秘技”だから可能です。

p10:
「波ア!!」
「はあアァ ア へあッ」

真下に落ちてくるエマちゃんムサシがチンコでお出迎え。
変則騎乗位で見事にドッキングです!!
NASAも驚く精密さだ!!

2組めまで見た感想だと、
この儀式って、単なる変態交尾大会じゃないのか?笑

エマ えろめも

全裸 乳晒し まん晒し 縄縛 涙目 / 媚薬(マジコリ) 喘ぎ♡ 痙攣♡ / 尻穴舐め 汚喘ぎ♡ クンニ♡ 腹ボテ(息吹き) 結合♡(変則騎乗位) 貫通♡ 処女喪失

ぷち補足

ケガシキャラ評
ムサシ: 「結びの儀」にて湊エマを尻穴&メス穴舌責め。秘技による息吹きで腹ボテ状態に。衆人環視のなかSEX結合。儀式継続中。


DMMブックス:

インゴシマシリーズ作品 – 男性コミック(漫画) – 無料で試し読み!DMMブックス(旧電子書籍)