『隠し部屋』61話感想 ヒロイン咲希ちゃんが仲間に裏切られて陵辱エロピンチ

『隠し部屋』(漫画:さかきなおもと) 61話 エロ場面特化感想&妄想記事です。
御厨に誘導されてある部屋へ入った咲希城川太一。しかし、それは罠でした。

61話 埋蔵石

ケガサレ 鏡島咲希 ケガシ 御厨正行

久しぶりのメインヒロインエロピンチ回ですね。男主人公の城川太一とデキてしまい、治まらない発情にヤリまくる仲になってしまった咲希ちゃん

そんな咲希ちゃんをゼミメンバーのひとり、御厨が狙ってきました。

咲希ちゃんたちを裏切って、三次元竜一側に付くことにした御厨です。ケガシキャラとしてやっていくには期待のできる選択だ。笑


部屋のなかに描かれた模様を見て、寮の祭壇部屋と同じだと気づく咲希ちゃんたち

ドアを締められると部屋の術式が完成されてしまうので咲希ちゃんが阻止しようと動きますが、一歩遅かったようでした。

最後に部屋に入ってきた御厨がドアを閉めて術式が発動。

その瞬間、咲希ちゃん太一のカラダに術式による反応が起こります。

[催淫]をかけられてしまったようですね。
こうなってしまっては、耐えるだけで精一杯。

ちょうど御厨に寄り掛かるような体勢になってしまった咲希ちゃん

胸やお尻を揉まれただけで、びくびくと感じまくって反応。

速攻で服をめくって咲希ちゃんのおっぱいをあらわにする御厨
改めて見ると、ブラしていないよね。まあ、それはそれでよし。

左手もしっかりと咲希ちゃんの股間へ伸びて指マン開始。

くちゅくちゅといじられて、喘ぎ声が出てしまう咲希ちゃん[催淫]の効果で発情状態になってしまいましたからね。抵抗できません。

御厨咲希ちゃんにエロ行為をするのは、21話の祭壇部屋調査以来。
そのときは、咲希ちゃんが部屋での二人を覗かれていることを御厨に伝えたため、エロ行為は中断となっています。

しかし、今回は敵に寝返ってしまったので、躊躇することもなし。

さらに自分よりイケてないはずの城川太一が、先に咲希ちゃんと恋仲になってしまったことへの妬みも増しているのでしょう。

[催淫]に掛かっているとはいえ、しっかりと意識はあるので気持ちでは拒否。御厨にこの行為を止めさせようと頑張る咲希ちゃん

咲希 えろめも

[催淫] 発情♡ 尻揉み 乳揉み(布越し) 痙攣♡ 喘ぎ♡ / 服剥ぎ 乳晒し 乳揉み よだれ 指マン(布越し) / 指ふぇら


太一的にはNTR的状況ですね。目の前で咲希ちゃんが別の男に激しくベロチュウと指マンをされるのを見せつけられています。

快感には抵抗できず、喘ぎ声がハートマーク付きの連続。くやしい、でも感じちゃう状態か。

咲希 えろめも

発情♡ 乳晒し べろちゅ♡ 指マン 喘ぎ♡ 痙攣♡

ぷち補足

ケガシキャラ評
御厨正行: 三次元竜一側へ寝返り。部屋の術発動によりヒロインを[催淫]状態に。ベロチュウ、指マンのエロ行為を再び達成。

ヒロイン咲希のヒロピン状態は継続中。


DMMブックス:

隠し部屋シリーズ作品 – 男性コミック(漫画) – 無料で試し読み!DMMブックス(旧電子書籍)

Amazon Kindle:

隠し部屋 : 16 (アクションコミックス)
古い学生寮に入ることになった主人公・太一。その寮は男女別フロアになっている&...