『EROSサバイバル』41話~ 明日香が借金のかたに貞操ピンチ回

『EROSサバイバル』3巻収録の41話以降エロシーン感想です。EROSサバイバルに負けてしまった明日香ひまわり学園へ戻ります。EROSサバイバルに出た目的は一億円の学園の借金を返すためでした。

しかし、敗退でそれも叶わず。債権者である下河内との約束によろ、明日香は自分のからだの検品を受け入れることに。

41話

ケガサレ 明日香 ケガシ 下河内

部屋で下河内と二人きりになった明日香。入り口は下河内の付き人がガード。学園で兄妹のように一緒に育ち、明日香に格闘技も教えたは倉庫らしきところに閉じ込められて何もできない状態。

上着を脱ぐよう伝える下河内。明日香は素直に従うしかありません。トップレスの姿になり豊満なおっぱいが下河内のまえで露わになります。

下河内が杖で明日香のおっぱいをつつきはじめました。

「んんっ」ビクッとなり反応してしまう明日香ちゃん。下河内はけっこうテクニシャンですね。杖の先で器用に明日香のおっぱいを撫で回し。そのまま先を乳首に当ててきました。

グリグリと的確に明日香の左乳首を杖先で愛撫。感じる明日香は反応してしまい乳首を固くしていきます。

42話

「あ!」「やっ!」「ダ…」「あああっ!」つい声がでる明日香ちゃん。

その様子をみて不敵に笑う下河内の爺さんです。杖でさらに愛撫を続けました。ぷるぷるっと、明日香のおっぱいを揺らし、両乳首の先を器用に擦ってきます。

「あ」「んあ」「あ」実際に快感がはしってエロい声が出てしまう明日香ちゃん。下河内のテクニックは相当高そうですね。

乳首をいじるのに満足した下河内は、明日香の股間へと杖先を移動させてきました。スカート腰にグッと押し付けます。

「あああ」つい声が出る明日香ちゃん。思わず杖のさきを両手で掴んできました。

「ヤっ!」「んっ…」「ア…」「ダメっ!」「ダメっ!」

首をイヤイヤと振りながら許してもらおうとしますが、受け入れてもらえず。逆にもっと足を開けと命令されました。

杖から手を離し、足を広げる明日香ちゃん。下河内はスカートをめくりあげ、明日香の股へ杖を突きつけます。

「んはあぁ」杖で股間を前後に擦られて声がでてしまいました。

右のおっぱいを揉んでくる下河内。擦られている感想を強いられ、涙目で「気持ちいいです…」と口にする明日香

43話

手をテーブルに付いた状態で尻を向けている明日香。パンツ越しに杖先で攻め続けている下河内でした。

「あ」「ああ」「ああ」グリグリと杖先で股間をいじられて声が出ます。下河内はもっと尻を突き出せと命令。ひまわり学園の借金のために、耐えるしかない明日香ちゃん。

ねっとりとしつこく股間いじりを続けてきます。突いたり擦ったりと器用に杖先を操る下河内。黙っていないできちんと口で要求するよう明日香に命令。

「もっと、してくださいっ!!」屈辱のセリフを言わされます。「して」じゃわからんと言う下河内に、「いじってください…」と告げる明日香

しかし下河内は「どこを?」とさらに具体的な答えを求めてきました。顔を紅く染めながら叫ぶ明日香ちゃん。

「私のっ!私のっ!」「お◯◯こいじってぇ!!」

明日香の返事に満足した下河内。杖でパンティを下ろしました。直接、明日香のおま◯こに杖先が触れます。

ぐちっと触られて、「あああ」と声をあげる明日香ちゃん。

下河内は杖で攻めるのをやめません。さらに激しく明日香のま◯こを刺激。イヤがりながらもガマンする明日香ですが、カラダは反応してしまっているようですね。

チュク、チャプと濡れている音がして、下河内は満足そう。

検品が目的だった下河内ですが、がまんができなくなってしまいました。明日香の処女を自らがこの場でいただくことを決めました。

44話

机のうえに明日香を仰向けにさせる下河内。股をひらき薄汚い笑みを浮かべた顔を近づけます。明日香の股間に鼻をちかづけ、匂いをクンクン。

内股を両手で揉み始める下河内。美しい肌と弾力にあらためて感動。そのまま口で吸い付きました。内股を吸われ、声をあげる明日香ちゃん。

「やああぁ」「はっ」「あああっ」下河内の舌技にビクビクッと反応。

下河内じゃ舌のテクニックも高かったようですね。「はああっ」と寄り目の表情で感じてしまう明日香ちゃんです。

がまんできなくなった下河内。ついに明日香のパンティを剥ぎ取りました。すぐにでも挿入する気満々です。股間を両手でおさえて震える明日香を目の前に、ズボンを下ろす下河内。

がばっと両手で明日香の両膝を開き、いただきにかかることに。「やぁあ」涙を流し叫ぶ明日香ちゃん。

45話

助けにきたゲームパートナーの設楽が部屋に入った瞬間見た光景は、机に仰向けにされて下河内と重なっている明日香ちゃんの姿。

設楽は間に合わなかったと思い込んでショックを受けますが、ぎりぎりで明日香の貞操は守られていたようです。

下河内は直前で腰痛発生。挿入する前に動けなくなってしまったようす。ヒロインプロテクトが発生しましたね。

ふたりの股間の様子のコマは描かれていなかったので、実際にどの程度まで進んでいたのかわかりかねます。しかし、描かれてないということは、勝手に妄想も加えて読者側で判断しても良いということの裏返し。

設楽が部屋に入って見たふたりの体勢は、繋がっていると勘違いされてもしかたがないほど密着してます。

前話で股間を押さえていたはずの明日香ちゃんの手は、両側へ置かれていますね。抵抗していた明日香に対し、手をよけるように下河内が言ってきたのでしょう。

借金の件もあって、ひまわり学園をまもるために従う明日香ちゃん。手をよけて挿入待ち状態です。涙を流してガマンするしかありません。

下河内は両手を机に付いた姿勢でした。明日香の両脚の間にカラダが入っていて、かなり密着していますね。

すでに自分のナニの先を明日香のま◯こにあてがった後と見て良いでしょう。そうでなければ、まだ片手でナニを持っている状態のはずです。挿入されるのを覚悟した明日香の邪魔はありませんからね。

あてがって位置決めをした下河内は、両手を机についていざ挿入しようとしたところで、ぎっくり腰が発生して動けなくなったと考えられます。

微妙な腰の角度で、腰痛が発生することはよくあることです。腰痛持ちの人たちはよくわかるのでしょう。(笑)

以上より、下河内は明日香のま◯こに接触しており、ひと押しで入るギリギリのところまでだった考えて良いでしょうね。

手をどけるように言われる明日香。施設を守るために覚悟を決めて、自分のま◯こをさらけ出します。テーブルに仰向けになり受け入れ体制のポーズを取らされる明日香ちゃん。

下河内はゲスな笑みを浮かべて明日香の股のあいだへ立ちました。すでに屹立したち◯こを取り出し明日香の蜜穴の入り口へ固定。

涙を流してジッと耐えるしかない明日香ちゃん。心とは裏腹に股間のほうはすでに濡れて汁が垂れかかっていました。

さきほど下河内に杖でいじられまくった反応です。

ち◯この先を蜜穴へとあてがった下河内は、両手をテーブルに付いてスタンバイ。ぐっと明日香に覆いかぶさるとともに、腰を思いっきり突き出しました。

ぐにゅっと鈍い音がして埋没していく下河内の肉棒。

念願の明日香の処女をいただいた瞬間です。

明日香救出のために部屋に入ってきた設楽。しかし、彼が見たのは、遅かったことをしめすショックな光景。テーブルに寝かされた明日香が下河内と繋がっている姿でした。

明日香えろめも

乳晒し まん擦り 乳揉み 疑似立ちバック 内股舐め 性器接触♡ 正常位

ぷち補足

明日香と下河内の描写と平行して進行していたのが、設楽の特訓。ドクロマンの弟子アヤノと試合の反省会実技みたいなことに入ります。

ヒロイン以外のエロシーンなのですが、これがけっこうエロかったです。アヤノがべろちゅうやよがる姿が最高。まあ、記事では取り合えないのですが……。

ヒロインの貞操喪失回避は色々なパターンがありますが、ここではギックリ腰でしたね。途中で状況を把握した明日香が、ぎゃくに下河内のカラダをいたわる展開。まあヒロインピンチ回避はそんなものです。

EROSサバイバルシリーズ作品 – 男性コミック(漫画) – 無料で試し読み!DMM電子書籍