『ギルティサークル』145話感想 ラブホで6時間喘ぎまくりの樹里ちゃん

スポンサーリンク

※ 当ブログ「りびどるEX」の Amazon.co.jp へのリンクには Amazonアソシエイト を利用しています
※又その他商品リンクURLは各社アソシエイトプログラムを­使用しています

『ギルティサークル』(原作:門馬司 漫画:山本やみー) 145話 エロ場面特化感想&妄想記事です。

145話 エッロ!!

樹里ちゃんのイチャラブ場面続きで、特にエロピンとかではないのですが、まあ、せっかくやってきた伊吹の役得回なので素直に拾っていきましょう。


エロ担当 増山樹里  役得 伊吹

p01:
「ああっ…あっ……!!」(ズプッ)
「はぁあんっ……♡」

前回ラストページで伊吹樹里ちゃんと初めての合体。

伊吹にしがみつきながら、喘ぎ声を出す樹里ちゃんです。

(ついにっ…挿れたっ……!!)
(樹里ちゃんに……!!)

非モテ枠 ついにいれたよ 樹里ちゃんに

「い…伊吹……」「さん……!!」
「あ…樹里ちゃん 処女か!! 痛い?」

ちょっと苦しそうにする樹里ちゃん伊吹が声掛け。

上から目線なってるけど、お前も今童貞捨てたばかりじゃないのか?

p02:
(クィッ クイッ)
「ハァ……」「あっ……」

樹里ちゃんが言葉ではなく身体の動きで応えてきました。
自ら腰を動かして、平気だとの意思表示か?

伊吹に余計な心配をさせまいという気持ちもあるのでしょうね。
優しいコだ。

(いや…めっちゃ腰動かしてくる!!)
(エッロ!!)

そして、2話連続の2ページめでのサブタイトル回収です。笑

p03:
「気持ち良い?樹里ちゃん」(ズンッ!!)
「あふああぁっ……」(ビクン)

樹里ちゃんが大丈夫そうなので、さらに深くツッコんでくる伊吹
その刺激に大きく喘ぐ樹里ちゃん

「は…あっ…はい……!!」
「あん…んっ……!!」

今度は喘ぎながらも、きちんと返事をしてきました。

「ああっ!!」(ぐっ…)
樹里ちゃんの反応を見て、伊吹が腰振りギアチェンジ。

p04:
「んあっ…あっ…はぁっ!!」(ズン ズンッ)
「うああっ…ああ~っ!!」

さらに激しく突きまくる伊吹
樹里ちゃんが叫ぶように喘ぎまくり。

樹里 えろめも

全裸 乳晒し まん晒し 結合♡(正常位) 喘ぎ♡ 痙攣♡ シーツ掴み

p05:
(おっぱいブルンブルン揺らして……)
(エロすぎる樹里ちゃん……!!)

揺らしているのはお前だけどな。

「後ろ向いて」
「あっ……!!」(グッ)

樹里ちゃんをうつ伏せにさせる伊吹
早くもバックで突く体勢に。

この作品では、とりあえずバックで突きたがる男キャラが多いのはいつものこと。
まあ、女の子キャラが四つん這いになっているだけで興奮できますけどね。笑

p06:
「は…激しい…のが……」
「好きです……」
(ドキ ドキ)

伊吹にピストン速度を「激しい」「ゆっくり」の、どちらが好きか聞かれて答える樹里ちゃん
処女だったコにいきなり尋ねる質問かどうかと思うけど、ここでは深く追求するのはやめてあげましょう。

むっつりだった樹里ちゃんはドキドキしながら「激しい」を選択。
伊吹の望む答えを選択しただけというわけではなく、樹里ちゃん自身の本心でもあると見た。

「ひあっ!!」(ズンッ!!)
期待のまなざしを向けてきた樹里ちゃんに興奮アップの伊吹
激しく突いて、後背位で再び合体!

p07:
「あんっ…あっ…はああっ!!」(パンッ パンッ パンッ)
「あうっ…あっ!!」「そこっ…そこっ…ああああっ!!」

バックで突かれてさらに奥底の快感ポイントに当たったようですね。
喘ぎまくりながら樹里ちゃんがヒットポイントアピールです。

時計の針は深夜1時を指してます。
伊吹が帰ろうとする樹里ちゃんをラブホに誘ったは、夜7時ごろだったはず。

6時間、初エッチの乳繰り中ということか。笑

樹里 えろめも

四つん這い / 結合♡(後背位) 痙攣♡ 喘ぎ♡


p08:
「はあ…あっ…んああっ!!」(ズンッ)
「すごいっ…気持ち良いっ……!!」(ズンッ ズンッ ズンッ)

騎乗位でまたがる樹里ちゃん
突かれまくられていますが、いまだに疲れてはいないようす。

p09:
「ああっ…樹里ちゃん……!!」
「んふっ…はあっ…あっ…!! 伊吹ひゃん…!!」

(パンッ パンッ パンッ)
今度はお互いに抱き合っての対面座位。
激しくベロチュウをしながら喘ぎまくる樹里ちゃん

「ああっ…またっ…イっ……!!」
「またっ…ダメっ……!!」
(ズッ ズッ)

樹里ちゃんがイきそうになっています。
6時間、ぶっ通しのプレイですからね。
もう何度もイっているのでしょう。

p10:
「ふぁああん♡♡」
(ビク ビクン ビクッ)

全身を震わせて、大きく喘ぎながら絶頂の樹里ちゃん

樹里 えろめも

結合♡(騎乗位 対面座位) 痙攣♡ 喘ぎ♡ べろちゅ♡ 絶頂♡ 涙目

後半ぷち補足

翌日、沢屋に昨夜の報告がてら一緒にビールで乾杯する伊吹

p12:
「沢屋はどーなんだ?文香ちゃんと!!」
「絶対お前らデキてるだろ」


校内で文香ちゃん沢屋といっしょにいるのを伊吹はよく見かけているのでしょう。
おそらくからかい半分の発言だと思われます。

そいつ、すでに肉体関係を持っちゃってますよ!
とっくにデキてますよ!

「文香ちゃんはアイドルだからね」
「そんな本気にはならないよ」

現役アイドルに手を付けて、この発言。笑
というか、今カノの保奈美ちゃんがいるのにこの軽さ。
すっかりギルティなサークルのメンバーに染まったようなもんだ。笑


p16:
しかも伊吹との会話で、夏合宿に遭遇した「仮面の男」の話題が。
その確認のためなのか、楓ちゃんの勤めている店を再び訪問。

「話があるんだ」「星見さん」
「しつこいわね」「何の用?沢屋くん」

保奈美ちゃんとつき合っているどころか、文香ちゃんと関係を持ったばかりの野郎がずけずけと会いに行くとは。笑
というか、そんな金に余裕あるのか?沢屋は?

あいかわらず楓ちゃんの目が、ものすごく敵意のある冷めた視線ですね。
一部の性癖持ちにはご褒美かもしれない。笑

夏合宿でお互いに他の異性と繋がってしまったのは事実として……
夏合宿後は

沢屋: 美和子先輩とSEX → 美和子先輩とセフレ関係 → 保奈美ちゃんと同棲(継続中) → 文香ちゃんとSEX

: 梶原とSEX → 以降、スナックのバイトを始めるも異性との交わりは無し

ですからね。
この温度差よ。
これで、姉のことでまた協力するって言われてもなあ。

本当に、ここからどうやって二人の関係が復活するんだろう?笑

2部が開始されて、黒髪ロング黒髪ショートのヒロインが揃ってますからね。
こじれたままだと、某スクールデイズ的な結末ルートもおかしくないような状況だぞ。笑

※ 当ブログ「りびどるEX」の Amazon.co.jp へのリンクには Amazonアソシエイト を利用しています
※又その他商品リンクURLは各社アソシエイトプログラムを­使用しています

その他作品