『テンタクル・ホール』8話感想 ドヤ顔だったリンギュちゃんが触手エロ責めに

スポンサーリンク

※ 当ブログ「りびどるEX」の Amazon.co.jp へのリンクには Amazonアソシエイト を利用しています
※又その他商品リンクURLは各社アソシエイトプログラムを­使用しています

『Tentacle Hole-テンタクル・ホール-』(原作:千賀史貴 漫画:石田和真) 8話 エロ場面特化感想&妄想記事です。

08話 人間の脆さ

ケガサレ リンギュ ケガシ 触手亜人「旋」

1番隊メンバー触手亜人カリヨンたちと対決です。
最初はメンバーの中では一番明るい性格でサイドテールが特徴的なリンギュちゃん。触手亜人「旋」の 1対1勝負になりました。

リンギュ えろ①

触手亜人「旋」はカラダを巨大なドリル状にして体当たりしてくるのが主な攻撃方法ですね。
名前の「旋」旋回という意味合いだったか。

p06:
「はうっ」(ズボン!)

余裕を見せていたリンギュちゃんでしたが、いきなり捕まってしまいます。
地中に潜り込んでいた「旋」に足を取られ、引きずり込まれてしまうことに。

「えっ」「ちょっ」
潜ったまま攻撃してくることを想定していなかったのか、焦り顔のリンギュちゃんです。

p07:
「うう……!!」

肩から上は地面に出ているのですが、胸から下は完全に土の中に沈められてしまいましたね。

土中拘束で身動きが取れない状態。
当然、触手持ちの敵としては、触手をリンギュちゃんのカラダに這わすのはお約束の展開です。

ちなみにリンギュちゃんも露出多めの軽装。
1番隊隊長であるヒオリちゃんにならって触手魔物誘導&動きやすさを優先しているのでしょう。

p08:
「ひあっ」

触手亜人「旋」が口から粘液を吹いて、リンギュちゃんのお股へ直撃させました。

「あへぇ…」「?」(ポォ~ー)
触手亜人たちの分泌粘液はメスを興奮させる成分入り。
しかも即効性があるのか、すぐに感じてしまったリンギュちゃんが軽いアヘ顔に。

良い虚ろ目表情をしてくれてますね。笑

p09:
「あう あふん…!!」
「やっやめ…」
(ぞくっ♡ ぞくっ♡)

快感が全身に伝わり、口が緩んでしまうリンギュちゃん

(キュン キュン)
おま◯こもキュンキュンと反応して、勝手に喜んじゃっています。

出だしでなかなか良い、エロ攻撃のジャブを見せつけてくれた触手亜人「旋」だ。
ケガシキャラとして期待十分ですね。笑

p10:
エロピン回避:自力脱出

「ぶっ」
ここでリンギュちゃん触手亜人「旋」の顔を思いっきり蹴りつけ、その反動で地中から脱出。

触手亜人の体液を浴びてしまうと、普通の娘なら動けるのは不可能のようです。
2番隊の隊員たちのように、あとは陵辱されまくるグヘヘ展開になるのでしょうね。

伊達に1番隊隊員に所属しているわけではなかったか、リンギュちゃん

リンギュ えろめも

拘束 引き込まれ(土中) / 触手陵辱 粘液ぶっかけ 催淫♡ 虚ろ目 トロ顔 痙攣♡ 膣きゅん♡


リンギュ りょな①

p14:
「犯す!!」(ボゴッ)
「!!!」

触手亜人「旋」が本気を出して、地中からドリル攻撃。

いや、「犯す」で済むどころじゃないぞ、その攻撃は。

手応えを感じた「旋」ですが、周りに転がっていた二番隊男性隊員の死体のひとつでした。
攻撃をうまく回避したリンギュちゃんが反撃開始。


p22:
「私たちは全員!!」
「隊長格の力を持ってるってこと!!」

独自に与えられた武器で触手亜人「旋」の装甲に傷を付けることに成功。

ここで、1番隊隊員隊長格扱いということが判明しましたね。

p29:
(防げな―――――)

ドヤ顔だったリンギュちゃんですが、本当の本気を出した触手亜人「旋」の超高速攻撃に翻弄!

ものすごいスピードで追ってくる旋回ドリルの恐怖に、顔を歪ませます。

p30(見開き):
「がはっ」

なんとか避け続けていたのですが、ついに捕らえられてしまったリンギュちゃん
腹に触手亜人「旋」ドリルが命中!

血を吐き出して大ダメージを受けたリンギュちゃんです。

エロジャブ攻撃の次は、リアルなリョナストレート攻撃だった……。

p32:
「ぐぅ」

触手亜人「旋」は人間の四肢を吹き飛ばすより、腹部分を貫通させるのが大好きらしいです。

苦しむリンギュちゃんですが、ギリギリ耐えているところを見ると、相当鍛えているようですね。
二番隊のモブ隊員だったら、とっくにお腹に大きな穴が開いて即死していたことでしょう。

p35:
「ぐはっ」

貫通こそはしませんでしたが、後方へふっとばされてしまったリンギュちゃん
何本も大木がなぎ倒され、最後には岩に背中を強打!

『ドラゴンボール』で見るような攻撃ダメージだな。笑

「うぐ…」「くっ…」
腕や脚の骨も折れ、内蔵もかなりの損傷のようです。
激痛で、まったく動くこともできないリンギュちゃん

p37:
「あぎ」「イタッ」(ガク ガク ガク)

触手亜人「旋」が近づいて来るも、リンギュちゃんは痛みに喘ぐだけ。

「うっ」
このガクガクは快感による痙攣ではなく、激痛によるものですね。

リンギュ えろめも

腹パン(ドリル) 吐血 出血 叩き付け 骨折 痙攣(痛み)


リンギュ えろ②

p38:
「やっとお楽しみの時間だぁ…」
「ああっ」

改めて、触手亜人カリヨンセンによるリンギュちゃん触手陵辱開始です。

触手で器用に服をずらし、リンギュちゃんの左おっぱいをむき出しにしてきました。

リンギュちゃん、初おっぱい披露。
隊長と一緒でボリュームありますね。

p39:
「あぐぅ」「うぎっ」(くに くに)

触手を巻き付けたおっぱいの先の乳首に、ブラシ型触手クニクニと擦りつけ。

「はな…してっ!!」「あっ」
(コシュ コシュ コシュ)

さらにお股に滑り込んだ触手がコシュコシュとマンズリを追加です。

リンギュちゃんのカラダは最初の触手魔物粘液がいまだに効いているらしく、ビクッと反応しちゃっています。

「おぐっ」(ヌゥ)
2本の細触手で無理やり左右に口を開かされるリンギュちゃん

p40:
「んご」「おごっ」「ぐふ」
(ぐぷっ ぐぷっ)(ヌチュ ヌチュ)

その口へ太い触手がブチ込まれました。

手足を拘束されての、触手フェラ
さらに触手パイズリの陵辱です。

(きゅん きゅん)
(ガク ガク ガク)

(シュコ シュコ シュコ)

パンツは履かされたまですが、布の上から触手で擦られちゃっています。

お股が、きゅんきゅんとメス反応。
先ほどの痛みと違って、今度のガクガクは快感による痙攣なのでしょう。

「んん゛――っ!!」
全身を触手亜人「旋」に押さえつけられて陵辱されるリンギュちゃんです。

p41:
「でも最後はやっぱり…」
「『ここ』だなぁ…」

(れろぉ)

触手亜人「旋」が大きく開いた口から、舌を突き出してきました。

「ひっ」(ぞっ)
リンギュちゃんのおま◯こに突き挿れようとして、クンニをしてくる「旋」
その行為に、恐怖を感じて目を見開くリンギュちゃんです。

リンギュちゃんの反応から、今までこれほど触手魔物に陵辱ピンチにあったことは無いのでしょうね。
つまり、リンギュちゃんのメス穴は未知の領域のままというわけだ。

p42:
エロピン回避発動:仲間救援

絶望的な状況のリンギュちゃんでしたが、駆けつけたヒオリちゃん触手亜人「旋」を攻撃。
リンギュちゃんから引き離すことに成功。
チッ、助けにくるのが早すぎだ。

リンギュちゃん、とりあえずはエロピンチ脱出ですね。
1番隊のメインキャラのひとりだから、ここで陵辱ENDとはならなかったか。
カラダはボロボロですけど。

リョナとエロの両方で、期待に応えるシーンを見せてくれてた触手亜人「旋」です。笑

ジンヒオリちゃんに付いてきていますね。
さっきはビビっていたけど、今はヤル気のある目つきだ。

これは、このコンビで触手亜人「旋」撃破の流れか?
覚醒したジンが触手亜人化して、「旋」を倒しちゃうのか?

その後、他の触手亜人「くっくっくっ…、奴は触手亜人四天王のなかでも最弱……」とか、言われちゃうパターンか?笑

リンギュ えろめも

触手陵辱 触手拘束 乳晒し 痙攣♡ マンズリ♡(触手) 喘ぎ♡ 涙目 触手フェラ 膣きゅん♡ クンニ♡(布越し)

ぷち補足

ケガシキャラ評
触手亜人「旋」: リンギュを土中拘束
、股に体液ぶっかけ。催淫効果を促す。さらに、ドリル攻撃で瀕死のダメージを与える。再度拘束後、触手陵辱。触手によるマンズリ、フェラ、パイズリ。布越しによるクンニで追い詰める。


DMMブックス:

Tentacle Hole-テンタクル・ホール- 1Tentacle Hole-テンタクル・ホール- 2

Amazon Kindle:


※ 当ブログ「りびどるEX」の Amazon.co.jp へのリンクには Amazonアソシエイト を利用しています
※又その他商品リンクURLは各社アソシエイトプログラムを­使用しています

その他作品